彼氏の浮気を“許す女”と“許さない女”の大きな違いとは

【相談者:20代女性】
彼は29歳、私は28歳で、付き合って1年です。お互いの両親にも何度も会っていて、婚約まではいかないにしろ、結婚の話も明確に出ています。ところが、先日彼の浮気が発覚しました。洗いざらい話すよう追求し、聞く限りでは浮気をしたのは一回だけで、彼の家で会ったきりだということです。彼は、「もう二度としないし、親に会ってる以上半端な気持ちでは付き合っていない。もちろんゆくゆく結婚も考えている」といってひたすら謝られました。

男は浮気をする生き物だということはわかっているつもりですが、簡単には割り切れず、どうしても許せない自分がいます。結婚するなら彼しかいないと思っていますが、彼を許してゆくゆく結婚するか、別れるべきか、どうすれば最善の策なのでしょうか。

e6a7fb68514a27113d2b571ab25e6de8_s

a 許すほうが彼と居られる、許さないほうがあなたが幸せになれる。

浮気の事実を知った時、どれほど辛かったか、心中お察しします。私の結論としては、許すほうが彼と一緒にいられますが、許さないほうがあなたが幸せになれます。

何が何でも彼と一緒にいたくて、彼に浮気の罪以上に素晴らしい部分があると言いきれるのであれば、許しましょう。この場合、あなたが欲しいのは「彼」であって、「彼と一緒にいること」があなたの幸せなので、浮気を許し彼と一緒に生きることを選ぶといいでしょう。

でも、彼と幸せになりたいけど自分自身も大切にしたいと思うのであれば、許すべきではありません。それが、結婚を考えている相手ならなおさら。

交際中は「好き」というその気持ちで、二人の間にある問題も軽くクリアできてしまいますが、結婚して彼が生活の一部になると、その問題がやがて夫婦間の大きな壁となり立ちふさがってしまいます。結婚前に見えている問題に目をつぶって過ごすのは、あなた自身の幸せになるとは言えないと思います。

140513komatu

結婚は自分の生活を彼に預けるというとこ

大手企業の営業主任として働いていた私の友人は、31歳で出産したお子さんに難病が発覚。日常生活は問題はないものの、週に2回の通院と自宅での投薬が必要になり、彼女は仕事を辞めることを決意しました。

人生はいつ何が起こるかわかりません。女は、いつかは結婚や出産・育児のために仕事を中断しなければならない時が必ず来ます。子供の病気や親の看病などで働くことが難しくなり、どうしても旦那様に頼らないといけない時も来るかもしれません。

結婚は、彼に自分の生活をすべて預けるということ、さらには自分の子供の生活も預けなければいけないということなのです。

男尊女卑かもしれませんが、結婚後女性にかかる負担は大きいのは確か。心から信頼できると確信した男性と結婚することが、まずは幸せへの第一歩だと思います。

浮気をする男は、女を舐めている

信頼し合っている恋人がいるのに浮気をするということは、相手を舐めているということ。相手が誠実であれば、やって良いこととそうで無いことの区別はつきます。

彼にとってあなたがどうしても失くしたくない存在なのであれば、例えどんな誘惑があろうとけして間違いはおかさないはず。でも、彼はしなかった。それは、「ちょっとぐらいいいだろう」という甘えた心があるからです。

ここで馬鹿な女なら、「彼は私に甘えてくれるんだ!」と、脳内お花畑変換してしまうものですが、この場合の甘えは、相手を“舐めている”ということです。

男女の立場は対等でなくてもいいと思いますが、愛情は対等であるべきだと思います。今、彼を冷静に見てみてください。彼の愛情はあなたと同じでしょうか? そう考えると、おのずと答えは見えてくるのではないかと思います。


「男は浮気をする生き物」という考えは違います。本当に大切にしたいと思う相手であれば、男性であろうと女性であろうと間違いは起こしません。なぜなら、万が一でも失いたくないからです。

あなたの望む幸せはどこにあるのか、ということを第一に考え、答えを出されてはいかがでしょうか。

via:

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>