一緒に添い寝するだけの「ソフレ」に対する男女の本音

後輩(20代)と飲んでいるときに、「ソフレがいる」と打ち明けられました。僕はそのとき初めて“ソフレ”という言葉を知ったのですが、正直ちょっと理解できません。そこで、女性のソフレ観について詳しく知りたいと思い、質問させていただきました。よろしくお願いします。

ff2d45d5059078e7bc86aa11771749de_s

a ソフレについてあり得る? あり得ない? 男女別のホンネとは。

実は、私もつい最近『ソフレ』という言葉を知りました。『添い寝フレンド』……略して『ソフレ』。異性の友人と一緒に寝るだけで、そこには行為は存在せず、恋愛感情を挟むことも無いとか。

うーん、正直私も本当にあり得るのかな? と首を傾げたくなるのですが、実際にソフレが流行っているのも事実……ということで、私の周りの男女に“ソフレ観”について緊急取材を行いました。

男性に取材した“ソフレ観”

あり得ない派

『女性と添い寝なんかしたら絶対襲ってしまいそう。自分はそんな酷な関係の友達はいらない』(30代男性/公務員)

あり得る派

『一緒に寝ることで相手に何らかの感情が湧き起こるかもしれないが、行為にあまり固執しない自分にとってはちょうどいい関係かも』(20代男性/美容師)

番外編

『ソフレはただの流行り。需要創出に過ぎない』(30代男性/銀行員)

オーラで分かる男性の“ソフレ観”

カラーセラピー的に見ると、あり得ない派に共通したのは、男性性が強く、肉食タイプの“赤オーラ”を持っているということ。

ただし、ここで注意したいのは、女性を誘い込むために羊の皮を被り(草食男子のフリをして)、ソフレという言葉を利用する悪い肉食男子もいるかもしれないということです。女性は十分な見極めと警戒が必要です。

逆に、あり得る派の男性は、純粋な“緑オーラ”を持つ真性草食男子。私の周りにはいない、希少なタイプですが、それは昭和生まれと平成生まれの世代間の差もありそうです。

やはり、平成生まれの“ゆとり世代”には、草食男子が多数存在するのも事実。そんな彼らにとってソフレは、心の隙間を埋めてくれる程よい関係なのかもしれません。

また、番外編の男性のような“イエローオーラ”の理論派タイプは、警戒心とプライドが強く、流されにくいため、まず“女友達と添い寝”というシチュエーションにならないよう、未然に手を打ちます。

しかし、万一そんな場面に身を置かれ、また不覚にも下心が湧き上がったとしても、冷静に先を見通し、意志の力で封じ込めることができるでしょう。実に素晴らしいですね。

女性に取材した“ソフレ観”

あり得ない派

『人肌恋しい気持ちを1人で味わうのも、それはそれで素敵なことなのに、すぐに解消策に走るのはいかがなものかと思う。それ以前に、そんなに親しくない異性と一緒に寝るなど生理的にムリ』(30代女性/派遣)

『添い寝する時点で、相手に少なからず好意があるわけだから、その好意が先に発展しないのは淋しすぎるし、自分に女性としての魅力がないのかな? と不安になりそう』(40代女性/薬剤師)

あり得る派

『子どもに添い寝しながら、私も添い寝されたいな~とよく思う。夫との関係が上手くいっていないので、余計そう感じるのかも。だからと言って恋愛をしたいわけではなく、ただ無条件に守られ庇護されながら、子どものように安心して眠りたいだけ……。添い寝して欲しい理想の芸能人は、西島秀俊』(30代女性/主婦)

『ここ数年、仕事で奔走し、自分自身のケアができていない状況が続いているせいか、時々無性に男性に甘えたくなる。草食男子のような中性的なタイプではなく、筋肉質で頼りがいある男らしい男性に、優しく包まれて安心しながら眠りたい。子どもの頃、父親に求めていた気持ちと似ているかもしれない』(40代女性/自営業)

大人の女性が求める“ソフレ”とは?

女性の場合、あり得ない派に共通するのは、自分の女性性やセクシュアリティに正直な人が多いということ。セクシュアリティを表す色は“オレンジ”。オレンジ力のある女性にとって、ソフレは自己価値を低下させるマイナスの関係になるのかもしれません。

そして、あり得る派の女性に共通するのは、今現在、心身共にとても疲れている状況に置かれているということ。その疲弊しきった心身を癒してもらいたい……という気持ちが、自分の中の少女(インナーチャイルド)を呼び覚ますのかもしれません。

ただ、興味深いのは、彼女たちが求めているソフレは、ヤワな草食男子ではなく、自分よりも強く頼りがいのある男性だということ。これも昭和生まれの女性ならではの意見なのかもしれません。


今回、ソフレについて色々調べたり、取材を行う中で、実に奥が深いテーマだと感じました。これから人肌恋しくなる季節になりますが、秋の夜長に、ソフレについて考えてみてはいかがでしょうか。

via:http://ren-ai.jp/34682

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>