「8種類の靴下」で性格診断!アナタはどれを選ぶ?

靴下の柄の好みから自分の性格が丸わかり! 米メディアでイラストと共に掲載された性格診断がこちら。サクッとできるので、試してみて。

8つのくつ下から
好きなものを選んでください

socks-secrets-1

決まりましたか?ここから詳しくみていきましょう。

01.
シンプルなくつ下→
リーダー気質あり

socks-secrets-1

シンプルなくつ下を選んだあなた。地味なくつ下=性格がつまらない、というわけではありません。
実は、これを選んだ人は物事を成し遂げる力を持っているのです。周囲の人を引っ張ることができるリーダー。責任感もあり、ビジネスの世界でトップに立てます。変化の激しい中でも、うまく切り抜けることができるのです。
ただ、あまりにも真面目になりすぎないよう注意が必要。厄介ごとも恐れるのではなく、楽しむことが大切なのです。

02.
ストライプ柄のくつ下→
周囲からの信頼を集める

socks-secrets-2

ストライプ柄のくつ下を選んだ人は、信頼されやすい存在。自分をとても信じていて、家族や友だちからも信用されているのでは?人の話をよく聞くあなたの元には、アドバイスを求めたり秘密を打ち明けに来る人が多いでしょう。
ですが、自分に対してプレッシャーをかけ過ぎてしまうこともあります。無理に頑張りすぎないように。お互いに話し合うことも大切です。相手にもっと心を開きましょう。

03.
水玉模様のくつ下→
恥ずかしがり屋でシャイ

socks-secrets-3

水玉模様が好きなあなたは、控えめでシャイ。誰かからの注目を集めたいというより、端っこで静かに座り、ものごとの経過を眺めている傾向にあります。
ただ、シャイだからといってつまらない人だというわけではありません。もっと殻を破る努力をすべき。
たとえば、パーティーで話をするときにはもっと前にでましょう。あなたの面白い話に、周囲の人はきっと驚くはず。

04.
アーガイル柄のくつ下→
冒険やリスク好き

socks-secrets-4

このくつ下が好きな人は、野生的で冒険好き。新しい食事を食べたり、いったことのない場所に飛び込むことで頭がいっぱい。バーに友だちと飲みにいくより、スカイダイビングを選びます。
人によってはあなたを抑制しようとしますが、そんなことは無視して自分らしく突き進みます。
それは仕事においても言えること。本を書いたり、自分のビジネスをはじめたりと、やりたいことを実行するのです。

05.
ジグザグストライプのくつ下→
クリエイター気質

socks-secrets-5

このくつ下を選んだあなた。周りから少し変わってる、と言われたことはありませんか?そう。あなたは発想力が豊かで、他の人とは違った視点を持っています。
そのことに対して批判する人もいるでしょう。でも、彼らはあなたの想像力を理解していないだけ。他人に合わせる必要などありません。世界は、あなたのような人をもっと必要としているのです。空気など読まず、突き進みましょう。
一度あなたの性格を知れば、周囲も好きになってくれるはず。

06.
ハート柄のくつ下→
愛に溢れている

socks-secrets-6

ハート柄の靴したを選んだあなたは、愛情豊かでロマンチックな心を持っています。友だちやパートナーを問わず、お互いの関係に愛を求めます。ソファーに座りながらラブコメ映画を見ることこそ、理想のデート。
周囲の人が理解してくれなくても、落ち込まないように。本当に仲のいい友だちや家族は、その大きな心を愛してくれるでしょう。常に心を閉じずオープンにしていれば、素晴らしい人生を送ることができます。

07.
花柄のくつ下→
前向きで楽天家

socks-secrets-7

ものごとを楽観的に捉えるのは、このくつ下を選んだ人の特徴です。明るい性格と前向きな思考で、つねに陽気なイメージ。周囲の人は、常にあなたからポジティブなエネルギーをもらいます。文句ばかり言う人の感情をも、変える力があります。
ただ、後ろ向きな人たちと付き合うのは避けたほうが懸命。というのも、ポジティブなエネルギーが吸い取られる可能性があるのです。前向きな話ができる友だちを探して、心をオープンに話しましょう。

08.
マルチカラーのくつ下→
生まれながらのパフォーマー

socks-secrets-8

自分の意見を臆せず話し、それに誇りを持っています。声も大きく周囲に伝えるのが上手なのが、このくつ下を選んだ人。あなたは生まれながらのパフォーマーなのです。まるで毎日が舞台に立っているように振る舞います。どんなパーティーに参加しても、注目の的。あなたの周りには自然と人が集まります。
一方、あまりに大きな声で話さないよう注意が必要。話すときは、もう少し1人1人と話すように意識し、話すだけでなく聞くことにもっと時間を割くように。

via:http://www.littlethings.com/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>