人前で緊張しない7つの方法

tension1

by joncandy

誰かの前で話さなければいけなくなったとき、不安や緊張で押し潰されそうになります。

そしてその緊張からネガティブなイメージを想像してしまい、不本意な結果に終わってしまう人も少なくありません。

しかし人前で緊張しない方法を知っていれば、
緊張していた自分は影を潜め、もっと人前で話したいとさえ思うのです。

それが自信や成功体験につながります。

そこで本日は人前で緊張しない方法をご紹介しますので、
緊張しながちな人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

人前で緊張しない方法

出典

「アガっている」じゃなく「アゲている」と考える

考え方や見方をほんの少し変えるだけで今まで見えていた景色が一変したりします。

緊張しやすい人はどうしてもアガっていると受動的に捉えてしまい、そのマインドがその人を包んでしまいます。

つまりその場の環境や雰囲気に振り回されてしまっている状態です。

それでは本来の力の10分の1も発揮できないでしょう。

まずは「アガっている」から「アゲている」と考えてみる。

これだけで周りを自分でコントロールすることができるきっかけになりますし、本来の力どころかそれ以上の結果を残すことになることも多いです。

自然体ではなく「本番用の自分」でやる

「自然体でやれば大丈夫だから」
「いつも通りでいいよ」

そうアドバイスをする人はとても多いです。

しかしそれはある程度経験を積んだ人でないと難しいと言えます。

いつもやっている環境とはかけ離れた雰囲気の中で、
いつも通りになんてできるはずがありません。

経験が浅い人はそんなテキトーなアドバイスを聞く必要はなく、
自然体どころか徹底的に本番用の自分を作り上げることのほうが効果的です。

普段の自分とはかけ離れていても全く構いません。

その時用の自分に成り切ることで緊張を和らげることができます。

上手く話そうとしない

緊張の原因は失敗したらどうしよう、良い結果を残したいという気持ちから生まれることが多いです。

結果も気にしていないし、失敗も恐れていなければ相手が誰であろう伸び伸びと自分の好きなことができるはずですから。

上手に話さなきゃという気持ちも緊張を引き出す要因になります。

しかし「この人は話がつっかえつっかえだけど、聞いてて安心する」、「吃っているけれど、一生懸命さや誠実さが伝わってくる」と感じた経験はあなたにもあるはずです。

彼らは決して話が上手ではありません。
しかし人の心を動かし、感動させます。

このことから、話下手でも、つっかえても、「えー」とか連発しても、とにかく真っ直ぐ伝えたいことを伝えるんだという姿勢が何もよりも大切だということがわかります。

準備はやれるだけやっておく

人前で緊張しないために準備は必要不可欠です。

あのスティーブ・ジョブズでさえ、
人前で話す時はとんでもない量と時間の準備と練習をしていました。

準備をすればするほど自信が湧いてきます。
プレッシャーも跳ね返すことができるでしょう。

準備や練習はなかなか地味な作業なので、
「そこまでする必要あるか?」といって手を抜く人がたくさんいますが、それをやるかやらないかでその場の結果だけでなく、その後に得られる未来の結果も変わってくるでしょう。

緊張なんて全くせず、結果を残している人は例外なく準備と練習を積み重ねています。

最初と最後の5分だけ集中する

人前で話す時は最初と最後がちゃんとしていれば、
何とかまとめることができます。

つまり「つかみ」と「クロージング」です。

つかみで相手の注意を引きつけることに成功すれば、たいていの人はそのまま話を聞いてくれます。

話を聞いてくれていると分かったら緊張なんてしませんよね。

つまりつかみネタをたくさん用意しておくことが、
緊張しない方法の一つです。

サポーターを探す

一生懸命話しているのに誰も聞いてくれない、なんてことになると「自分の話はつまらないのか」と感じ焦ってしまいます。

一度そのような経験をしてしまうと次に人前で何かする際に「同じことにならないかな・・・」と極度の緊張状態になってしまうでしょう。

それを防ぐにはサポーターを探すことがもっとも効果的です。

サポーター、つまりあなたの話を聞いてくれる人です。

全員が全員、あなたの話を聞いてない、つまらなさそうにしているということはほとんどありません。

必ずあなたの顔を見ながら頷いたり、メモをとったりしてくれる、あなたの話をしっかりと聞いてくれている人がいます。

その人を見つけたら、なるべくその人に向かって話すようにすると、焦っていた気持ちが落ち着きます。

そうしながら次の舞台に悪い印象を残さないように終えることも重要な部分です。

体の力を抜く

物理的に体の力抜くことは緊張を遠ざけると言われています。

深呼吸をしたり、ストレッチをすると強張っていた体が温かくなります。

本書では体を温める方法が記されています。

「まずは右肩に赤色、左肩に青色、右の脇腹に黄色、左の脇腹に白・・・

色は何色でもいいんだけど、とにかく自分の体がパレットになったと思ってください。

そして、身体を揺らすことで、その色を混ぜる感じで・・・」

(中略)

「身体って見えると動きがギクシャクするし、筋肉も強ばって固くなるんですよ。

でもね、こうやって温めておくと動きが自然になりますよ」

人前で緊張しない方法を見つける

緊張しやすい人ほど人前で何かするのは嫌ですよね。

そんなときにこのようないくつかの方法を知っているだけで、対策の取り方が大きく変わってきます。

「そんなことしても無駄だよ・・・」
と最初から何もせずに失敗するより、色々試して失敗するほうが実りが多くなります。

成功したら御の字です。

というわけで緊張しがちな人はいくつか参考にしてみてはいかがでしょうか。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の9つの特徴とその対処法」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

via:http://the5seconds.com

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>