クリスマス前は男も焦る!出会いの場に行くなら今がチャンス

news_1030

約半年間、爆速でフッたりフラれたりを繰り返した必死すぎる婚活経験を生かして、なぜか上から目線で本音の恋愛論を語ります。ちなみに普段は、どこにでもいそうなただのアラサーリーマン。


先日ふと、去年の今頃書いた自分のブログの記事を読み返してみた。
すると「いかにクリスマスなどどうでもいいか」について、長々と書いてある。

今となっては、逆に「クリスマス前で相当焦っていたんだろうなぁ…」と思う。
だって本当にどうでもいいなら、わざわざそのことについて書きはしないだろう。

ところで、オレに限らず男は皆、クリスマスは意識しているものだ。そのため、出会いを探す女性にとってはいろいろとチャンスである。

まず、クリスマスを一人で過ごしたい男はほとんどいない、ってことを頭に置いといてほしい。

クリスマス前ば男も焦る

街中にあふれるイルミネーションを見、クリスマスソングを耳にしただけで、彼女がいない男ならば「寂しい」と感じずにはいられない。

高倉健の訃報を2日後にようやく知り、日本中がサッカーに熱狂してるときに余裕で借りてきた映画のDVDを堪能し、ハロウィンなんて気づきもしなかったオレでさえ、意識するのだ。
なので当然、一般的な感覚を持つ男なら女性と過ごしたいと思うだろう。

ということを踏まえ、クリスマス前の男の言動の裏にある本音を書いていこう。

◆その1:「クリスマスとか面倒くさい」はウソ

「クリスマスなんて面倒くさい」「どこ行っても混んでるし」みたいなことを言うのは、本当は寂しいのに強がっているだけである。

だから、お目当ての男がそう言っていたとしても、あまり気にしなくていい。
それとなく、一緒に過ごせなくて残念、って感じにしていれば誘ってくるかもしれない。

◆その2:男友だちとの予定はドタキャンOK

「その日は男同士で飲む」などと言う男もいるかもしれない。
これもムシしていい。

男の友情はそう簡単には壊れない。
かつて合コンで一人の女性をめぐって殴り合いになりかけた奴らとさえ、オレは未だに友だちとして付き合っている。

なので、クリスマスに彼女とのデートの予定が入れば、男友だちとの飲みの予定などドタキャンしても大丈夫なのだ。
こちらも聞き流して、一緒に過ごせなくて残念、って空気を出しておけば可能性はある。

◆その3:イブこそチャンス!試合終了まで頑張れ

先日、外でご飯を食べてたら、隣りに座ってた女子2人が街コンに行く予定を立てているのが聞こえてきた。

「クリスマスイブにも街コンあるんだけど、これは寂しすぎるよねー!」

「うん、それは行くのやめとこう」

…おいおいおいおい、何てもったいないことをしているのだ!

不動の人気漫画、『スラムダンク』の安西先生のセリフに、

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

というのがある。

なぜか、男はそういった土壇場の逆転劇にロマンを感じる風潮がある。
だからギリギリこそチャンスだ。

最後まであきらめずに粘り粘って彼女をゲットしたとなれば、なぜか運命を感じてあっという間にゴールイン(=結婚)してしまうかもしれない。

実は、そういうロマンチックな生き物なのだ。

◆その4:浮気が判明するかもしれない…

昔、とある凄腕ナンパ師がオレに愚痴っていた。

「クリスマスとか面倒くさいよ。
女はみんな会いたがるからさぁ、23~25日は一日に2人ずつデートの予定が入ってる」

どうやらチャライ男は、マジでこのぐらいの予定が入るものらしい。

ということで、彼氏に浮気の疑いがある場合は気を付けよう。
やたらと早く帰りたがる、なぜかクリスマス前後に仕事の予定が多い…ような場合は要注意だ。

…とまぁいろいろ書いたが、もちろん例外はある。
「男友だちと飲む」のは、「お前と過ごすのはムリ」という意味かもしれない。

でも、そんなのはクリスマスに限らずよくあることだ。
気にしすぎても仕方ない。

とにかく、去年のオレのように「クリスマスとか混んでるし」など勝手に理由をつけて逃げずに、最後までベストを尽くしてほしい。

あきらめたらクリスマス終了だ。

via:http://cocoloni.jp/love/53260/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>