占い体験…彼の秘密

ある日、出来心で彼の携帯を見てしまったんです。

なんで私はあの時彼の携帯なんて見てしまったんだろうと、今では本当にバカなことをしたと思っています。

055

見てしまった彼の携帯には複数の女性とメールのやり取りがあるのがわかりました。

一瞬頭の中が真っ白になり、「なんで?どうして?」と心の中で何度も叫びました。

あの時は心臓がドキドキと激しくなり呼吸が苦しく、不安に押しつぶされそうになった感覚を今でも忘れられません。

それまでは彼を信頼しきっていたし、彼は私のことしか考えていないと思っていました。

でも他の女性とのメールのやり取りを見てしまったことで一気に彼を信用できなくなり、疑うようになってしまいました。

彼に言った方がいいのか、このまま知らないふりをするべきなのか悩みました。

そのせいか、仕事に集中することができずミスをするばかり…食欲も全くなく、彼に心配をかける日々が続きました。

打ち明けられず、胸に秘めるそんな日々が続き私も我慢が出来なくなり、遂に彼に打ち明けたんです。

携帯電話をたまたま見てしまった事。

そこに女性とのやり取りがあった事。

それで信用が無くなったという気持ちを伝えたんです。

その時は緊張と不安で自分がどんな風に彼に伝えたか覚えていません。

まともに彼の顔を見れなかったし…それだけはなんとなく記憶にあります。

私の話しが終わり、どのくらい沈黙があったか分かりません。

数秒の沈黙も、私にとっては数分…それ以上だったかもしれません。

そんな沈黙の後に彼から驚くべき言葉が返ってきました。

「そんなに信用できないなら別れよう」と彼は切り出し、私はフラれました。

思いがけない彼の言葉に私はすぐに状況が理解できず…不安定な気持ちだったし、冷静になれず「うん」とうなずいてしまったんです。

あの時もっと彼と話しをしていれば、お互いの気持ちを話しさえいれば、こんなことにはならなかったんじゃないかと後悔しました。

彼と別れて数日が経ちましたが、別れた事が受け入れられず自分の寂しさもつのるせいか、彼にしつこくメールをしてしまい、最後は音信不通になってしまいました。

音信不通となってしまった事で、自分はどうすればいのかわからなくなり、私生活は乱れるばかり…

自分でもこのままじゃいけない。と思うけどどうしたらいいのかわからないし…

そんな状態が続いていたある日、恋愛に関するニュースが配信されているサイトを眺めていると電話占いに関する紹介がそこにはありました。

あまり占いを信じる方ではない私ですが、その時ばかりは自分の気持ちを聞いてほしい!

共感してほしい!と思い、話しを聞いて下さる占い師の先生を探しました。

私はあまり電話で話すのが得意ではなく、むしろ嫌いな方でした。

でもそんな私ですが、話したいという気持ちが、電話への苦手な意識に勝ってしまったんでしょう。優しそう。というイメージだけで先生を決め、電話する事にしました。

電話に出た先生は私のイメージ通り、優しく接して下さり、温かい言葉をかけて下さいました。

そして私が前向きになれるきっかけを下さったんです。

「あなたが変われば彼も変わるの。彼だけじゃ変われない。あなたが彼を導いてあげるの」

その言葉は私の中で考えもしなかった言葉でした。

先生はさらに、私の取るべき行動を細かく教えてくださいました。

初めは先生に自分の話しを聞いてもらうだけと思いましたが、いつの間にか細かく自分の行動に関して占ってもらっていました。

なんだか先生に背中を押して頂いた気分でした。

こうして私は仕事に対して意識も変わり、食事もとれるようになってきました。

ですが不安は完全に無くなったわけではありません。

気持ちが沈んだ時には先生に電話をして話しを聞いてもらっていました。

いつの間にか先生はなくてはならない私の支えとなっていて、先生のお陰で前向きに自分自身を見つめ直し、心を入れ替えることができました。

SDIM1605

私は次第に充実した日々を取り戻し、ようやく心に余裕ができたと感じ始めた頃です。

彼から突然連絡があり、驚くことに彼から、

「よりを戻したい」と言ってきたんです。

彼と復縁への希望はわずかですが抱いていました。でも彼の方から寄りを戻したいなんて言うとは思っていませんでした。

状況が飲み込めず半信半疑のままでしたが、彼とはよりを戻す事に成功したんです!

もちろん先生にもそのことを相談しました。

すると先生は、

「あなたの変化がようやく彼に伝わったようね。ここからが本当のスタートよ。まだまだ障害は訪れるから、彼を導いてあげましょうね。」

と先生は私に心強い言葉を下さったんです。

私は同じ失敗はしないと心に誓い、彼と本当に幸せな日々が訪れるように頑張ろうと思いました。

不安になればこれからも先生に頼っちゃうかもしれないけど、ここまで変化が起きたのも先生が支えて下さったおかげです。

早く彼と幸せな未来が思い描ければと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>