電話占いアナン

電話占いアナン

電話占いアナンとは(o‘∀‘o)

ご自宅や携帯電話からお電話くだされば、いつでも恋愛・不倫・浮気の問題・お仕事・人間関係など、どのような内容でもアナン所属の実力あるプロ占い師の先生に直接お電話で相談できます。暗黒の闇へ落ち込み、悩んだりしたとき自分の限界を自分だけで決めてしまっていませんか?電話占いには、ほんの少しの勇気で、もう諦めようと思っていたことが一瞬で解決できるチャンスが待っています。もう、一人で悩むことはやめて、今の苦しい気持ちを吐き出して、そして真の幸せを見つけてください。人は誰でも幸せになるために生まれてきました。アナンはお客さま出合えましたことを一生のご縁と考え、全力でお手伝いをさせていただきます。

鑑定時通話料 会員登録後、無料
初回利用特典 初回20分以上の利用で2200円割引
メール鑑定
支払方法 クレジットカード・銀行振込

star45sおすすめポイントstar45s

5/18更新

霊感・ 霊視とその他の占術を組み合わせた鑑定で、他のサイトとは一味違った占いを体験できます。
実力派の先生ばかりなので霊感・霊視だけの占いはちょっと不安 という方にもオススメです。

【メリット】

①通話料
鑑定時に鑑定料金以外に通話料金が発生すると料金のことばかり気になってしまいますが、
アナンでは、会員登録をすることによって鑑定時の通話料金が一切かからないようになっています。
固定電話だけでなく、携帯電話からの鑑定でも通話無料になるので、家族に内緒で利用しているという方でも利用しやすいですね。

②待機情報
アナンのツイッターには、先生の待機情報が更新されるようになっているので、
サイトをチェックしたり電話で問い合わせるよりも、手軽に待機情報のチェックができます。
鑑定料金については先生によって様々なので、問い合わせやプロフィール画面での確認をオススメします。

③ポイント
鑑定後に支払いを完了させることで、鑑定料金(電話・メール)に応じて、ポイントを貯めることが出来ます。
ポイントは、100円に対して1ポイント取得できるようになっており、貯まったポイントは次回の鑑定から利用可能になります。
ポイント確認はMyページ(会員ページ)にログインすることで確認できるので、ぜひお得に利用してみてくださいね。

④クチコミ
鑑定後、お客様の声としてクチコミを送ると、300ポイントをプレゼントとして付与してくれます。
先生へのお礼など、感じた気持ちを伝えることで次回の鑑定もお得に利用できるなんて、嬉しいサービスですね。
他のクチコミも、より身近に感じられるので、先生の魅力も伝わりやすく先生選びの上でも、参考になりますね。

⑤予約
先生の待機情報とタイミングがなかなか合わない、という方は、予約での鑑定がオススメです。
指名料などもかからず鑑定してもらえるので、しっかりとスケジュールを組みたいという方にも嬉しいですね。
予約は、当日予約を含め、1週間前より予約できるようになっているので、気軽にサポートへ問い合せてみてくださいね。

【デメリット】

①待機情報
待機情報が分かりやすくなれば嬉しいのですが、プロフィール画面などから確認しても待機情報についての記載がありません。
ツイッターのアカウントを持っていない場合、待機についての情報は電話で問い合わせるのみになってしまうのでサイト上での確認ができると更に利用しやすく感じますね。

②初回割引
初回利用20分以上で、2200円割引というサービスは嬉しいですが、
すぐに鑑定が終わってしまった場合には適用されないので、割引のかわりにポイントを付与してくれる方が利用しやすく感じます。
先生との相性なども気になるので、サービスポイントがお得に使えるようになると嬉しいですね。

③リニューアルについて
4月にリニューアルされたというアナンですが、リニューアル前と後の情報がサイト上で混ざってしまっています。
そのため、新規登録で1000円割引(正しくは初回20分以上の利用で2200円割引)など情報にバラつきがあります。
利用する際にどの情報を正しいと判断していいのか分からなくなってしまうので、しっかりと情報を記載してほしいですね。


上記のサイトへ移動します。
※実際に利用した方の口コミを募集します(〃ゝω・人)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>