電話占いマヒナ

マヒナ

電話占いマヒナとは(o‘∀‘o)

この度は、電話占いマヒナをご閲覧いただきまして誠に有難うございます。 一人で悩んでいても解決しない悩みを持ったとき、あなたならどうしますか?電話占いマヒナでは、マヒナの厳選された鑑定士の先生方との会話により、あなた様が歩みを止めてしまっている原因であるお悩みや不安を解消し、 全ての方の中にある「幸せを感じる心」を芽生えさせ、希望と喜びを抱いた将来をお持ちいただくことを信念にさせていただいております。 叶わない恋、届かない想い、復縁はもちろん、お仕事や対人関係のお悩みなど…あなた様のお悩み全てを、実力派鑑定師が、解決の糸口を見つけるお手伝いをさせて頂きます。また、あなた様に合う鑑定士を見つけられたら、定期的にお電話頂き、今の自分をしっかりと見つめ安定したお気持ちで居られる手助けとさせて頂いてもおります。お問い合わせサポートセンターにお電話して頂ければ、ご登録方法や鑑定までの手順の説明はもちろん、あなた様のご相談内容に合った鑑定師のご紹介も承ります。お気軽にお問合せください。

鑑定時通話料 不明
初回利用特典 有・20分鑑定無料
メール鑑定
支払方法 クレジットカード・銀行振込・コンビニ

star45sおすすめポイントstar45s

電話占いマヒナは、厳選された実力派占い師が「ツキ」をよみ、ご相談者様の歩みを止めている悩みの原因を解消し「希望」と「幸せ」へと導きます。また電話占いマヒナは『元 電話占いトリニティ』が名前と営業時間を変更し、スタートさせた電話占いサイトです。

【メリット】

①電話占いマヒナはオペレーターを介さずに占い師と相談できるシステムとなっており、よくあるオペレーターを通してからのやり取りがありません。自分の相談が聞かれたくない人にとっては非常に良いシステムですね。手間が省け利用者としては助かりますね☆

②占い師に無料でメッセージを送ることができます。先生との鑑定の予約を取りたい。先生の待機する予定を知りたい場合にメッセージを利用することができます。また鑑定後の先生へのちょっとしたメッセージをお伝えしたい場合にも利用出来るようですね。先生との距離が縮まるのを感じる良いシステムですね♪

③在籍されている先生の中では、テレビやラジオ、雑誌などで取り上げられている方がいらっしゃるので安心して利用することができますね。

④Googleアカウントでも登録ができます!こうして既に持っているアカウントで登録できるのは非常に有難いです。毎回サイトごとにID・PASSを作ると自分で管理出来なくなってしまいますからね。こういうアカウントを利用できるのはとても良いと思います!

⑤アメブロでブログを公開しており、在籍している占い師の活動などを報告しています。サイト内だけではわからない占い師の活動などを見ることができるので、お気に入りの先生がいれば、先生の活動報告などブログで確認できますね☆彡

【デメリット】

①占い師へメッセージが無料で送ることができる!と、登録前のページでは記載があるが、いざ登録してみるとポイントの消費が必要となるメッセージの送信方法しかありませんでした。こうした記載の違いがあると利用者としてはサイトに対して良いイメージは持ちませんよね。

②サイト内にお得なキャンペーンが利用できるというバナーがあります。ですがそこをクリックし見てみると、現在は利用できるキャンペーンはありませんと出ています。こうした記載は無い方が利用者としては嬉しいですね。キャンペーンが利用できる時にバナーが現れるような仕様が出来ればと思ってしまいます。

③サイト内に高収入アルバイトの広告があり、全く占いと関係ない内容の職種の広告であり、この高収入で稼いで占いをして下さい…ということなのでしょうか。少々サイト内の運営に不安を感じる広告です。せっかく占い師の先生がテレビなどで活躍されているのですからもったいないと思います。

④占い師のランクは登録前では、至極、秀逸、人気とあるのですが、登録するとそれよりも上のランクの占い師が在籍されております。やはり登録後に判明するものがいくつかあると不安を招く原因となってしまいますね。占い師のランクなどは登録前に全て公開した方がいいと思います。料金もランクにより変わるため大切な部分だと思います。


上記のサイトへ移動します。
※実際に利用した方の口コミを募集します(〃ゝω・人)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>